転職回数の多さはひとり起業の武器になる!10回以上転職した私がその理由を熱く語ります。

こんにちは、今まで10社以上転職を繰り返してきた YUKA です。

転職回数が多いとあまりよく思われないんじゃ…

転職回数が多いと「我慢がきかない」「継続する力がない」と判断される風潮が、今の日本にはまだあるかもしれません。

でも、それはせいぜい転職活動中ぐらいのもの。

ひとり起業をするなら転職回数の多さはむしろ武器になる!と私は思っています。

そこで今回は、今まで10社以上転職した YUKA「転職回数の多さはひとり起業の武器になる」と断言する理由を熱く語ります!

私の転職歴

さて、まず最初に、私がこれまでの人生でどのような業種・どのような仕事をしてきたかをざっくりとご紹介しておきます。

業種 職種
焼き鳥屋(居酒屋) 接客・調理・店長(マネジメント)
事務全般(経理・給与計算その他あらゆる事務)
全国健康保険協会(協会けんぽ) 事務
大阪労働局 雇用保険課 助成金相談員
外資系生命保険会社 営業(個人相手)
外資系生命保険会社 営業事務
建設系会社(ガラス工事) 営業事務・秘書・庶務全般
建設系会社(防水工事) 営業事務・庶務全般
開業 なんでも
10社もないやんか!

おっと、ごめんなさい。

上の表に載せているのは、あくまでも「正社員・契約社員・派遣社員」といったフルタイム勤務の仕事だけです。

転職の合間に行なった短期派遣や、学生時代に行なったアルバイトを加えると20社近くになります(もはや思い出せない)。

表を見てどのようなことをお感じになったかはわかりませんが、私は次のような特徴があると考えています。

  • 公的機関から民間企業まで幅広い
  • 会社規模が1万人以上〜10人程度と幅広い
  • 業種がけっこうバラバラ
  • 「何でも屋」的な仕事をしていた会社が多い
  • 社会保険労務士にはなるべくしてなった感
  • 表に書けなかった仕事の方が実は…(これ以上は書けません)

要するに、一言でまとめるとなんかしらんけどいろんなことやってるということです。

転職回数の多さがひとり起業の武器になる理由

私の転職回数や仕事内容の多種多様さを知っていただいたところで、いよいよ本題の転職回数の多さがひとり起業の武器になる理由についてお伝えしていきます。

話題が豊富

ひとりで起業した場合、当たり前ですがお客様と対応するのは自分ひとりです。

そんなときに話題の豊富さはものすごく武器になります

だって、天気の話ばっかりしてられへんでしょ?(笑)

転職回数が多いということはいろんな会社のいろんな事情を見ていますし、異業種の経験が多ければさらに話題の振れ幅は大きくなります。

そしてやっぱり、話題の豊富な人のところに人は集まるものです。

ひとりで多くの方と対応しなければならないからこそ、転職で得た引き出しの多さは間違いなく武器です。

どんな相手にも対応できる

ひとりで起業をすると、「あの人ちょっと苦手だから変わりに対応してよ」みたいなことはできず、すべて自分ひとりで対応しなければなりません。

そんなとき、どんな相手にも対応できる能力がどれほど武器になることか!

会社で働いていると、社内の人間だけではなく、あらゆる他人と関わりながら仕事をしていくことになります。

このことは、ずっと同じ会社にいようが転職を繰り返そうが変わりません。

ただ、会社が変われば集まっている人種が変わり、それに伴う人種も変わります。

これは私自身が多くの会社を渡り歩いたからこそ実感していること。いやもう、全然違いますから。

つまり、転職回数が多くなればなるほど、単に接する人数だけではなく多種多様な方と接することになり、結果的にどんな相手にも対応できるようになるのです。

対応を他人に任せられないからこそ、どんな相手にも対応できることは大事な武器です。

物怖じしない

ひとりで起業すると、緊張するような相手といきなり商談をしなければならなかったり、大きな集まりに出向かなければならなかったりすることがあるかもしれません。

怖いですよね。ビビりますよね。

でも、転職の多さで身につけた物怖じしない度胸はきっとひとり起業の武器になります!

転職した会社に初出社する日、どんな方でも少しばかりは緊張するはずです。

そこから初対面の方たちと挨拶を交わし、見たこともない仕事に向かっていくわけです。

こんなしんどいこと10回以上もやってみなさいな(笑)。たいていのことには物怖じしなくなります。

言い方を変えれば「図太くなる」とも言いますが、ひとりで仕事をするときにいちいちびびったり凹んだりしてたら体がいくつあっても足りません。

図太いぐらいでちょうどいいんです。物怖じしない図太さはひとり起業する方を支える心強い武器となるでしょう。

まとめ

ここまで書いてきたことは、同じ会社でずっと働いていらっしゃる方でも身につけられる武器かもしれませんし、仕事関係なく持って生まれた方もいらっしゃるはずです。

ただ、私は転職を繰り返すことで数々の武器を手に入れたと思っています。

さらに言えば、ひとりで仕事をしていくならどんなこともプラスに考えていった方がいい!ということ。

人生に無駄なことは何もありません。

どんな経験もプラスに捉え、自分の武器にしていきましょう!